賃貸管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

比較でみるリロケーションのメリットとデメリット

最新情報・レポート

比較でみるリロケーションのメリットとデメリット

海外赴任の時など、それまで住んでいた家をどうしたら良いのか悩むかもしれません。その時に使えるのがリロケーションです。皆さまが赴任している間だけ、その家を賃貸として使うことで空いた家を活用しようというやり方となっております。契約によって決めた期間だけ借主は住むことができますので、貸主の赴任期間が終わるまでの契約を結べば、その時にまた皆さまの家として利用することができます。こうして見ると非常に便利なシステムのように思えますが、メリットやデメリットはあるのでしょうか。その点について考えていきましょう。 比較として空家のままにした時、普通の借家契約との比較で見ていきます。 ・空家 メリットとしては、リロケーションは家賃収入を得ることができるという点があります。また空家管理の業者に依頼をしなくても、建物の掃除などを借主にやってもらえるというのもメリットでしょう。家は人に管理してもらえないといけませんので、リロケーションで誰かに住んでもらうというのは家の管理上においてメリットがあります。 ただしデメリットとしては、借主がしっかりと掃除をしてくれるかどうかという点があります。皆さまよりも掃除に手を抜く借主であれば、汚れや傷が目立つようになってしまうかもしれません。こういった可能性がありますので、原状回復の契約はちゃんと結びましょう。 ・借家契約 リロケーションの契約と大きく違うのは、契約期間が終わると貸主と借主が合意することでしか再契約をすることができません。そのために貸主にとっては一定の期間だけ住んでもらうことができますが、借主にとっては一定期間の後はすぐに出ていかないといけないということになります。 デメリットとしては家賃をやや低めにしないと人が集まらないということがありますが、その点はリロケーションの業者におまかせください。家賃相場を考えて最適な家賃を設定してくれるでしょう。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-8472

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

30秒で完了 クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

賃貸管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。