賃貸管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

賃貸管理会社を選ぶときに注意すること

最新情報・レポート

賃貸管理会社を選ぶときに注意すること

投資用の賃貸物件を購入したら、次に大事になるのが賃貸管理をしてくれる業者の選定です。賃貸物件を持っていたとしても、空室になっていれば、家賃収入が滞ってしまいます。もしローンでその物件を購入している場合ならば、家賃が入ってこないことは賃貸物件経営が破綻しかねないため大変重要です。賃貸管理会社がどれくらいの入居率を維持しているかを指標にするのが良いでしょう。空室をなるべく早く埋めるには、賃貸物件の情報をなるべく多くの不動産会社に告知をして、募集活動を積極的に行ってもらうことが必要になります。適切な家賃相場で、より集客効果の高い賃貸仲介会社に情報を発信することで空室を解消することはできますが、物件が古い場合はリノベーション等を行って、物件の魅力を高めることが必要になるでしょう。賃貸管理会社に委託する仕事として、入居者のトラブルやクレームの対応があります。空室を埋めたとしても、入居者が快適に生活出来ないと感じれば、退居につながってしまいます。入居者専用のコールセンターが設置されているか等を確認することが必要です。毎月の家賃がしっかり入居者から振り込まれているかも、賃貸物件経営には重要になってきます。もし入居者が家賃を滞納したら、しっかり家賃を支払ってくれるまでトラブル無く解決してくれるかが重要になります。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-8472

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

30秒で完了 クイックお見積り

賃貸管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート

ページの先頭へ