賃貸管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

リロケーションには転貸借契約がおすすめ

最新情報・レポート

リロケーションには転貸借契約がおすすめ

リロケーションは一定の期間その家に住むことができないが、そのままにしておくのはもったいないということで利用されることが多いものですが、契約方法によっては面倒ごとに対処しなければいけない事もあるようです。

一般的な賃貸物件では、代理委託方式という契約方法がとられていることがおおく、管理会社は賃貸オーナーの代理人として活動することになります。
そのため、管理会社が入居者に対して滞納した家賃の請求や、書類の送付などをするためには毎回オーナーの意思を確認しなければなりません。
不動産賃貸を生業としているのであれば、このような対応も業務の一環として対応することもできますが、転勤や長期出張によりその場を離れていることが多い、リロケーションにはあまり適した形とは言えないでしょう。

そのため、リロケーションの契約を結ぶときには、転貸借方式で契約することが多いようです。転貸借方式であれば、管理会社が自ら滞納した家賃の回収などの業務を行うことができるからです。もし、これからリロケーションを検討しているのであれば、契約の方法は必ず確認しておきましょう。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-8472

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

30秒で完了 クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

賃貸管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。