賃貸管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

家賃収入があるなら確定申告を!賃貸経営の前にきちんと理解を

最新情報・レポート

家賃収入があるなら確定申告を!賃貸経営の前にきちんと理解を

家賃収入があるなら確定申告を!賃貸経営の前にきちんと理解を

 

家賃収入の確定申告を初めておこなうとき、とくにこれまで会社に所属し、今年初めての確定申告に望む人にとっては不安に思うことも多いでしょう。しかし、確定申告は知識や手順、決まりを覚えればそこまで難しいものではありません。

「収支の関係をハッキリとさせ、適切な税金を納める」。このことを念頭に置けば確定申告の理解はグッと進むかもしれません。もし税金を払いすぎていた場合は確定申告をすることで戻ってくる可能性もあります。上手に利用するのがよいでしょう。

今回の記事では家賃収入が発生した人がおこなう確定申告の手順についてお伝えします。確定申告の必要性や申告の仕組み、また、家賃収入にかかる所得税の計算方法まで合わせて解説します。

 

 

ほとんどの場合、家賃収入があれば確定申告の必要があります

家賃収入がある人はほとんどの場合、確定申告をする必要があります。家賃収入があり、確定申告の必要がない人は下記の条件を満たす人に限られます。

 

・家賃収入が年間で20万円以下

・年末調整を勤務先でおこなっているサラリーマン

・年収が2000万円以下

 

これら3つの条件を満たす人は、家賃収入があっても確定申告をする義務はありません。しかし、家賃収入が20万円以上で、会社で年末調整をしていない、年収が2000万円以上だという人は確定申告をする必要がありますのでご注意ください。

家賃収入の金額も確定申告をするかどうかの分かれ目です。20万円以下の家賃収入であれば確定申告をする必要はありません。まずはこの条件に当てはまるかどうかを確認しておきましょう。

賃貸経営をするのなら知っておこう!確定申告のこと

賃貸経営をするのなら知っておこう!確定申告のこと

 

確定申告ときいてもいまいちピンとこない人も多いかもしれません。とくに会社に所属しているサラリーマンの人は会社側で年末調整をしていて、自分で確定申告をする機会もないでしょう。年末調整と確定申告では手順や書類の種類も変わってきます。

副業などで今年初めての家賃の確定申告をする人は、確定申告の流れを知っておくと手続きがスムーズになりますよ。ここでは確定申告をする時期や流れについて解説します。

 

確定申告の手続きについて

確定申告の対象になる時期は1月から12月までの収入についてです。この期間分の税金の清算を毎年2月16日~3月15日の間におこないます。

確定申告の申請は税務署、もしくは自宅でできるオンラインもあります。時間がない人には自宅でできるオンラインがオススメです。

手続き後税務署からの通知が届き、納めていた税額が適当であれば何事もないです。税額が少なければ追加納税、反対に納めた税額が多ければ税金の還付が受けられます。 確定申告をするのは義務なので対象になる人は必ずおこなわなければいけません。

 

青色申告ってなに?

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。このうち青色申告とは、申告をした人が税金面でさまざまな優遇措置が受けられる制度のこと。対して白色申告は、青色申告をしていない人に適応される申告手順です。

青色申告と白色申告では確定申告の意味合いが大きく異なることもあります。不動産経営で家賃収入がある人は青色申告についても知っておいたほうが有利でしょう。

 

青色申告のメリット

青色申告は前もって申告をしておくことで税金面の優遇措置が受けられる制度です。青色申告の優遇措置のなかでもとくに大きなメリットは下記の2点です。

 

・特別控除を受けることができる

確定申告の際に青色申告をすると税金の控除を受けることができます。その控除額の最大は65万円。この65万円が収入から控除され、支払う税金が減額されます。申請のためには複式簿記と呼ばれる青色方式の原則を抑えた帳簿の書きかたをする必要があります。

 

・損失額を3年間繰り越しできる

家賃収入を生み出すためには不動産の購入が必要です。そのときに発生した多額の損失額。青色申告ならこの損失金額を収入と相殺することができ、さらにその損失額を3年間繰り越して適用することができます。

損失額が大きくても翌年にその損失を持ち越せるので、次の年の控除額も増え節税効果が望めます。大きな金額が動くことの多い不動産経営では、青色申告をするメリットはかなり大きいものといえるでしょう。

 

青色申告のデメリット

青色申告の唯一のデメリットといえるのが、申請や帳簿作成の手間がかかることです。しかし、手間や時間をかける以上のリターンも期待できるかもしれません。より詳しく知りたいかたはインターネットで詳しく調べてみたり、専門家に聞いてみたりするのがよいでしょう。

 

家賃収入の税金とは?所得税を計算してみよう

家賃収入の確定申告。家賃収入を得るとかかる税金は所得税と住民税です。所得税にはいくつかの種類がありますが、家賃収入が分類されるのはそのうちの不動産所得です。ここでは家賃収入にかかる、所得税の計算方法をご紹介します。

 

家賃収入にかかる所得税の計算方法はとても簡単です。その計算の図式は「収入-経費×所得税率」この合計が家賃収入にかかる所得税の金額になります。所得税率は税務署のホームページに記載されています。この税率は収入の金額によって異なってきます。

 

所得金額が195万円以下の場合の税率は5%。195万円以上、330万円以下では税率は10%になります。不動産所得の金額が高くなるにつれて税率も上がる累進課税(るいしんかぜい)の方式です。

 

これら家賃収入にかかる税金を抑えるためには必要経費の計上を増やすことが大切。とはいえもちろん不正はいけません。自分の不動産経営に影響した事柄を思い返し、必要経費として計上できるものがないかどうかを確認しましょう。

 

健全な経営状態を維持するに節税対策も必須です。節税の知識も知れば知るほど、奥が深いものです。こちらも別途勉強する必要があれば、時間を割いて学んでみることをオススメします。

 

確定申告を忘れた?万が一しなかったときは罰金あり!

確定申告を忘れた?万が一しなかったときは罰金あり!

 

「家賃収入の確定申告…。めんどくさいからやめてしまおう」とはいかなくても、確定申告は忘れてしまうと罰金を支払うことになります。そのため、家賃収入があった年の確定申告は絶対に忘れないようにしましょう。

一般的な確定申告忘れによる罰則は下記のとおりです。

 

・延滞税

確定申告の期間を過ぎてしまった際にかかる罰則税

 

・無申告加算税

確定申告をしなかったり、忘れたりしたときにかかる税金

 

・過少申告加算税

確定申告をおこなったが内容に間違いがあった場合、もしくは税務署で内容の変更をされたときに支払う罰則税

 

・重加算税

確定申告のときに多額の隠ぺいや虚偽の申告をした際に課される税金。

 

以上のものが確定申告の罰則に適用される主な税金の種類です。故意ではなくても罰則は適用されます。2月~3月には必ず確定申告の書類提出をおこない、罰則を受けないように注意しましょう。

 

まとめ

家賃収入の確定申告、初めておこなう人は大きな不安があるかと思います。その不安をこの記事で解消することができていたら幸いです。確定申告、とくにこれまで会社に所属してきた人には未知のことも多く、手探りでやらなければいけないことも多いでしょう。

 

しかし、基本的な知識を抑えれば確定申告は決して難しいものではありません。確定申告は広く多くの国民がおこなっているもの。初めてに不安はつきものですが、きっとうまく進めることができるでしょう。

 

それでも、自分で確定申告をおこなうのが不安という人は住宅や賃貸の管理をおこなう会社にいちど相談をしてみましょう。確定申告の悩みのほか、不動産経営の悩み解決の糸口にもなるかもしれませんよ。

 

家賃収入の確定申告は一回きりではなく、今後もおこなうことがあるでしょう。正しい知識を身に着けて、今後の不安にならないように解決していってくださいね。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-8472

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

30秒で完了 クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

賃貸管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。