賃貸管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

古い家でも貸せます!賃貸に出すとき失敗しないよう抑える要点まとめ

最新情報・レポート

古い家でも貸せます!賃貸に出すとき失敗しないよう抑える要点まとめ

古い家でも貸せます!賃貸に出すとき失敗しないよう抑える要点まとめ

 

「親から相続した家があるけど、誰も住まないからどうしよう」「転勤で引っ越すけど、マンションがその間、無人になってしまう」誰も住まないお部屋があるのなら、人に貸してみませんか?毎月の家賃収入が入るというメリットがあります。マイホームを買ったばかりという方なら、家賃で得た収入をマイホームの住宅ローンの返済に充てることも可能です。

 

マンションや一戸建ての家を持っているだけで、固定資産税などの管理費は必ずかかってくるもの。定期的な支出で困っているなら、賃貸物件として使うのも1つの方法です。

 

建物の劣化を防ぐには、無人の状態を避けるということが大切となります。人が住むことによって、家の劣化を最小限に食い止めることにもなるのです。 今回は、古い家を貸すために知っておくべきことをまとめてみました。古い家をお持ちでお困りの方は、ぜひご覧になっていただければと思います。

 

 

古い家を貸したい。まず考えるべき4点

古い家を貸したいと思ったら、まず考えるべきことが4点あります。以下の4点をチェックしてみて、貸すことにメリットが本当にあるのかどうか、考えてみましょう。

 

借りる人がいてこそ成り立つ。需要について

その地域に需要があるかどうかも、古い家を貸すかどうかの立派な判断材料となります。貸したいと思っても、その地域に需要がなければ借り手が見つからない可能性もあります。

 

近くに大学や専門学校、または大きな工場はあるでしょうか?そのような施設があれば、一人暮らし用の物件は、必ず需要があります。まずは物件がある地域に住む人の需要があるかどうかを、確認してみましょう。

 

古い家とはいえ使用できる状態か

古い家を貸したいとき、その家の大きさが借りる人にとって適しているのか、確認が必要となります。また、電気やガス、水道は使えるのか、エアコンはついているのかといった環境面でのチェックをしなければなりません。

 

管理の知識はある?

古くなった家を貸すだけといっても、人に不動産を貸すこととなり、不動産経営をするということになります。入居者を集めるために不動産会社と契約をしたり、家賃が毎月しっかり支払われるような家賃設定をしたりしないと、人を集めることはできません。

 

入居者と契約を結ぶためには、ある程度の不動産管理の知識が必要になってきます。またたとえ契約を取れたとしても、毎月の家賃がきちんと支払われなければなりません。そのような入居者を選ぶ目も、求められます。

 

エアコンがつかないとか、給湯器の故障などといったトラブルは、古い家にはつきものです。そしてそのような備品に関するトラブルは、急に起こるもの。そのような突然のトラブルに対応できる業者がいなければなりません。また人が快適に住めるように、定期的な清掃や設備のメンテナンスも必要となってきます。

 

このような対応は、管理会社に委託することができるため、ご自分でやらなくても管理が可能です。面倒な業務の財務面での管理も、税理士に依頼すればスムーズに行えるでしょう。

 

収入と支出を計算する

家主の立場からすれば、できればいつも入居者がいるような状態がベストではあります。しかし、そのような状態になることはかなりラッキーな場合といえるでしょう。実際は、なかなか借り手が見つからないということも多いです。

 

不動産を所有していると、固定資産税は必ずかかってきます。そして人に貸すとなると、不動産会社への仲介手数料、管理会社への委託金や、火災保険料などがかかってきます。

 

一戸建てや分譲マンションの部屋を貸す場合、その借り手が退去してしまえば管理費だけがかさんでいくばかりです。そのようなリスクを織り込んだ上で、収入と支出の計算をして、足が出ないようにしましょう。

 

古い家を賃貸経営したい。でもこんな問題があります

古い家を賃貸経営したい。でもこんな問題があります

 

古い家を貸して、家賃収入につなげたいという気持ちがあっても、そこにはいくつかの問題が立ちはだかってきます。古い家を貸すときに何が問題となるのかを、ご紹介します。

 

古すぎて不動産屋もサジを投げる?

あまりに古すぎると、不動産業者からサジを投げられてしまうことも。建物というのは、どうしても年が経過すると劣化していくもの。あまりに古すぎると、市場価値がひどく下がってしまうのです。

 

また古い家というのは、今の耐震制度に合わない古い作りであり、地震の際にトラブルとなるリスクも抱えています。そのような物件を扱うことは、不動産業者にとってリスクでしかありません。そのため、不動産業者としても、あまりに古い家を積極的に取り扱いたくないのが本音なのです。

 

建築基準法と合わなくなっている

    古くなった家の最大のデメリットは、今の建築基準法に則しておらず、耐震基準に不安が残ってしまうこと。昭和56年の建築基準法改正以前に建てられた物件では、その当時のまま年月が経ち、劣化が進んで古くなったものもあります。もしそのような物件が改修などを行うときは、今の建築基準法に合った形にしなければなりません。

 

万が一貸していた家が震災で崩れ、借主が死亡するような事態もゼロではありません。そのようなときに、家主が賠償しなければなりません。不動産業者の中には、古い家を扱うときは慎重になっており、耐震工事が必須となっているところもあります。

 

何かあってからでは、遅いもの。古い家を人に貸すときは、耐震強度について今一度確認することが肝心です。

 

古い家を賃貸に出すならリフォームorDIY型か

   古い家を賃貸物件として貸そうとするとき、気になるのは借り手がつくかどうかとうこと。なかなか借り手がつかなさそうな古い家なら、リフォームして貸しに出そうとするのが一般的な方法です。

 

しかし今ではリフォーム以外にも、借り手を見つける方法があります。こちらでは、借り手を魅了する物件になるために、家主の方が知っておくべきことをご紹介します。

 

住みやすくリフォーム

古い家を賃貸に出すなら、リフォームしてきれいな状態で内覧してもらった方が、当然借り手がつきやすいものと思われることでしょう。しかし、賃貸物件の需要が乏しい地域では、借り手がなかなか見つからないことも。そんな状態では、せっかくのリフォームが水の泡になってしまうかもしれません。

 

借り手にお任せ。DIY可能型

基本的には原状回復といって、家主が賃貸物件を元の状態に戻す義務があります。しかし最近では量産された部屋にあきてしまった借主も増え、DIYの普及という世の中の流れもあり、「DIY可能型」の物件も登場しています。

 

これは入居者自身がDIYをして、壁を塗り替えたり、模様替えをしたりしても良い物件のことです。このような物件では、入居者負担で好きなように内装を変えることが可能となっています。

 

貸主の負担ではなく借主に任せられるので、特に元の状態に戻さなくてもよいとお考えなら、DIY可能型もおすすめです。借り手が見つからないというときの、突破口としてDIYも検討しておくべきでしょう。

 

古い家の賃貸管理。どこに任せると安心?ベストパートナーの見つけ方

古い家の賃貸管理。どこに任せると安心?ベストパートナーの見つけ方

 

   かつてはご自分で管理されている方もいらっしゃいましたが、最近では少数です。管理業務というのは多岐にわたるもの。入居者の募集から契約、家賃や管理費の徴収、建物の清掃、メンテナンス…。中でも骨が折れるのが、入居者のトラブル対応といった住人の交渉が必要となる業務や、設備点検などのメンテナンス作業です。

 

副業として不動産経営を行うのでしたら、わずらわしい業務のために本業がおろそかになる可能性もあります。そのような不安がある場合は、プロに依頼した方が管理業務はスムーズに行くもの。今では家主のほとんどの方が、管理会社に管理を委託されており、管理会社は不動産経営にとって不可欠といえます。

 

管理会社を選ぶときは、退去者を出さないような対策をしていることや、管理を専門としその実績があることなどをチェックポイントにするとよいでしょう。担当者の対応も肝心です。ホームページなどの情報だけでなく、実際に担当者と話して会社の雰囲気を知って、信用できそうかどうか判断しましょう。

 

まとめ

建物というものは、年々劣化していくものです。無人の状態では、劣化を早めてしまう原因にもなります。どうせなら、誰かに住んでもらいたいものです。それなら賃貸物件として、人に貸してみてはいかがでしょうか。

 

古い家を賃貸に出すときに最も重要なのが、耐震基準をしっかり把握しておくことです。ただ借り手がつけばいいというのではなく、借り手の安全も保障できるような状態で貸すことが、後々のトラブルを防ぐことにつながります。

 

不動産を賃貸に出すとき、多くの方が悩まれるのがその管理です。賃貸物件の管理業務はなかなか面倒なもの。しかし今はかつてのように、全ての業務を貸主が行うという時代ではありません。

 

今ではほとんどの大家さんが、管理業務を管理会社に委託しています。不動産経営を効率的に行うためには、優れた管理会社を選んで業務を委託することが不可欠となったのです。ぜひ、複数の業者を比較してよい管理会社を見つけましょう。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-8472

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

30秒で完了 クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

賃貸管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。