最新情報・レポート

持ち家を手放す場合

転勤や転職、家族の収入の変化などの仕事の都合で家を住み替えることになった場合、持ち家をどうしなくてはならないかを考えないといけません。
選択肢は主に三つ。
「売却する」・「空き家のまま維持する」・「賃貸に出す」の三つです。そこで持ち家をこの三つの方法で手放す場合、当然どれにもメリットとデメリットがあります。ここではそれを紹介していきます。

まずは売却した場合
メリットしては、保有し続けることで発生する費用(固定資産税・維持費)がかからないことと、別の物件を購入する際に、残債がない場合は売却代金を購入資金に充てられること。さらに建物の維持やメンテナンスに手間がかからないということです。
デメリットとしては、住宅ローンの返済が残っていると、売却時に残債を一気に返済しなくてはならず、売却時に残債と同程度もしくは上回る額で物件が売れないと、貯金などの自己資金を清算に充てることになることと、売却の際には仲介手数料や登記費用など、ある程度まとまった費用がかかることです。

空き家のまま維持した場合
メリットとしては持ち家に戻ることになったら、いつでもすぐに戻れる安心感があることです。
デメリットとしては、親族や管理会社などに定期的な管理を任せる必要があること、窓を閉め切ったままにしておくと建物が湿気で傷みやすいため、痛みを避けるには定期的に通気させる手間がかかること、さらに不法侵入など防犯面の心配が生じるうえ、租税公課や維持費などコストがかかり続けることです。
最後に賃貸に出す場合 メリットとしては、賃貸経営による家賃収入が得られることと将来、その家に戻って住むこともできることです。 デメリットとしては、空室期間で収入がない期間が生じる可能性があることと、家賃滞納などの入居者トラブルが発生する可能性もあることです。さらに建物の劣化や設備の故障による修繕費、固定資産税などの経費が発生することもあれば、確定申告、物件の維持管理など、賃貸経営上の手間がかかることがあります。 どの方法にもメリットデメリットがあるので、あとは個人の好みで決めるのが一番なのでしょうが、持ち家を手放す前に一度、当サイトをご利用していただくのも手です。
  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


無料一括お見積りはこちら

STEP1 物件タイプを選択

STEP2 都道府県を選択

サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

0800-805-7677

24時間365日、日本全国受付中!

  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!

ご相談窓口

30秒で完了 クイックお見積り

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

賃貸管理比較君の使い方

  • ご利用の流れ
  • よくあるご質問
  • お客様の声
  • 最新情報・レポート
情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

ページの先頭へ

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。