賃貸管理比較君トップページ > 

最新情報・レポート > 

マンションのリロケーションをわかりやすく解説

最新情報・レポート

マンションのリロケーションをわかりやすく解説

マンションのリロケーションをわかりやすく解説

 

マンションのリロケーション。言葉はよく聞きますが、リロケーションとはいったいなんでしょう?

 

簡単に説明すると、自分の家を使っていない間他人に貸し出すシステムです。もし、リロケーションを考えているなら、契約方法やメリット・デメリットについてもしっかり理解しておかなければなりません。

 

今回はリロケーションをお考えの皆さんに、リロケーションの契約方法とメリットと注意点をご紹介いたします。リロケーションの知識をしっかり身につけて、賢くお部屋を貸し出しましょう。

 

 

留守宅を貸し出す賃貸スタイル!「リロケーション」とは

リロケーションとは、指定した期間だけ自宅を第三者へ貸し出すことです。出張などで長期間家を空けてしまう人や、子供が将来住むための家を残したい人、介護でしばらく実家を開ける人などさまざまな目的で利用できます。

 

リロケーションとは、自分の部屋を使って賃貸収入を得られる素晴らしいシステムなのです。

 

リロケーションの賃貸借契約は3種類!

リロケーションの賃貸借契約は3種類!

 

リロケーションには、所有者が直接契約する方法、会社を代理人にする契約する方法、会社が借り上げて転貸する契約方法の3種類があります。

 

名前を聞いただけでは、なんだか難しそうと感じる方も多いのではなないでしょうか?そこで、各契約の内容についてわかりやすくまとめてみました。

 

①所有者が直接契約

所有者が直性契約するこの契約は、契約者は家の所有者と入居者となります。他の契約内容とは違い、賃貸主である所有者と入居者が直接契約を交わすため、は審査・契約に手間がかかってしまう場合があります。

 

 

②「代理委託方式」は会社を代理人にする

「代理委託方式」管理会社を代理人にたてる契約方法です。「不動産オーナー」と「入居者」の間に契約が結ばれますが、管理会社が「不動産オーナーの代理」として契約業務の代行を行う方法です。

 

 

③「転貸借方式」は会社が借り上げて転貸

「転貸借方式契約とは、初めに「不動産オーナー」と「管理会社」で賃貸借契約を結び、リロケーションをする際に「管理会社」と「入居者」で賃貸契約を結ぶ方法です。

 

このように3種類のリロケーション契約内容があります。契約内容がわかったところで次はリロケーションをする側と借りる側のメリットと注意点についてお伝えします。

 

リロケーション物件を貸すときのメリット・注意点

リロケーションで、皆さんの物件を貸し出すメリットと注意点は契約内容にとってことなりますが以下の2つのことが共通します。

 

1. 家賃保証システム

転貸借方式契約の場合、まず賃貸契約をされた方と管理会社で契約を結ぶため、家賃の滞納が発生しません。入居者が賃貸している間は管理会社が家賃の支払いをします。代理契約の場合、賃貸契約をされた方と賃貸借契約を代理して契約するため、滞納保証が付いてきます。

 

2. 契約期間が決められる

賃貸の際に、契約期間は賃貸主が決めることができます。通常のマンションですと2年の契約期間と決められていますが、リロケーションの場合は、賃貸主が定めた期間入居することが可能です。

 

 

注意点として、リロケーションをする前に賃貸期間を決めます。仮に4年間の賃貸借契約をしましたが、仕事の都合により1年早く帰ることになりました。この時、入居者の退去準備ができていない場合はすぐに明け渡してもらえるとは限りません。

 

また、定期借家契約のため、家賃は周辺の賃貸に比べて安くなります。もし、リロケーションで賃貸にするか迷ったときは、賃貸収入を低めに見積もりこともポイントになってきます。

 

その他に、皆さんが住まなくなることにより、住宅ローン控除などの税制の優遇は受けられなくなる、住宅ローンの適用金利が引き上げになることも考えられます。

 

リロケーション物件を借りるときのメリット・と注意点

リロケーション物件を借りるときのメリット・と注意点

 

次にリロケーションを考えている皆さんに物件を借りるメリットと注意点をお伝えします。

 

まず、メリットですがこちらは・近隣に比べて家賃が安い・契約期間の更新がないなど2つのメリットがあります。

 

1. 近隣に比べて家賃が安い

リロケーション物件は契約期間がないため、通常の賃貸借契約の物件に比べて安い金額で設定されています。

 

2. 契約期間の更新料がない

通常の賃貸借契約の場合は2年経つと契約の更新料として新賃料の1か月分が必要になります。しかし、リロケーションは、期間そのものは決まっていますが更新というものがないため、更新料はありません。

 

 

注意点として、リロケーション物件を借りるときは、通常の賃貸マンションですと賃貸借期間を満了した場合、契約を更新すれば何年でも住み続けることが可能です。しかし、リロケーションの場合は契約期間があるため、満了したときは退去しなくてはいけません。満了までの間、しっかり引越し資金をためておく必要があります。

 

また、まれに賃貸主が家具を置いていく場合もあります。この時、家具を使用することができますが家具の所有権は賃貸主にあるため、処分したり、移動させたりすることが原則禁止されています。

 

リロケーションで管理会社がしてくれる業務は?

リロケーションを管理会社に任せた場合、代行してくれる業務は以下の5つになります。

 

  • 1.手続き代行
  • 2.家賃の徴収
  • 3.入居者のクレーム傾聴
  • 4.修繕の要望対応
  • 5.リロケーション期間満了時の自宅の明け渡し
  •  

    ※収入はどのように入ってくるの?

    家を貸し出すと収入が得られます。そのとき、管理会社は代行で確定申告を行い、源泉の還付金が入るように手続きをしてくれます。

     

    毎月の家賃収入の相場は?

    毎月の家賃収入の相場は?

     

    リロケーションを利用するか考えている方で一番気になるのが家賃収入の金額と相場ですね。家賃収入と相場は契約年数によってことなります。

     

    契約年数と家賃金額の目安については以下のようになります。

     

  • ・2年契約の場合  周辺相場よりも20~30%安いです。
  • ・3年契約の場合  周辺相場よりも15~25%安いです。
  • ・4年契約の場合  周辺相場よりも10~20%安いです。
  •  

    リロケーションは契約を更新しなくても長期間の入居が可能で、家賃も安いことから利用される方も多いです。しかし、家賃設定を誤れば、入居者が見つからないリスクもありますので、料金設定は慎重に行うべきでしょう。

     

    まとめ

    リロケーションという言葉をよく耳にします。リロケーションとは、転勤や海外赴任で一定期間住宅を開けるにあたり、第三者へ一時的に住宅を貸し出すことをいいます。リロケーションと一言でいいますが、実はさまざまな契約方法があります。

     

    リロケーションの際に、管理会社を利用する場合は借主に変わり、源泉徴収の代行・家賃の徴収・入居者のクレーム対応・修繕の要望対応・リロケーション期間満了時の自宅の明け渡しなどをしてくれます。リロケーションをお考えの皆さん、この情報を踏まえたうえで一度業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか?

    • 初めての方へ
    • ご利用の流れ
    • お客様の声
    • よくあるご質問
    • 運営会社
    • スタッフ紹介
    

    無料一括お見積りはこちら

    STEP1 物件タイプを選択

    STEP2 都道府県を選択

    サイトの使い方が分からない等私たちがサポートいたします

    0800-805-8472

    24時間365日、日本全国受付中!

    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    スタッフが待機中!

    ご相談窓口

    30秒で完了 クイックお見積り

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。

    賃貸管理比較君の使い方

    • ご利用の流れ
    • よくあるご質問
    • お客様の声
    • 最新情報・レポート
    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    ページの先頭へ

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。